かきぬまさやか 結城|小山|古河|下妻|筑西の音楽教室です。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

家族写真を撮影するときに気をつける3つのこと。

パラレルキャリアを地で生きるカキヌマサヤカです。

 

家族写真を撮影するときに、

わたしが気をつけている3つのことを

書いてみます。

 

その1:「ハイチーズ!」の写真は5回まで。

ハイチーズで撮る写真

家族写真

 

こういった写真は5枚くらいしか撮りません。

 

理由は簡単、子どもたちがあきるからです。

またー?もーやだー!となるのは、こういう写真を撮るときです。

 

 

その2:だれが主役か考える。

男3人の家族写真

家族写真

おにいちゃんが、足を広げて座って

いい笑顔でしょう。

おとうとくんも、かわいいでしょう。

 

「みんながいい表情」であるよりも

スナップ撮影では「このときの雰囲気がわかる写真」が

けっこう重要です。

 

写っている人物に主役がいれば、それでおっけー。

 

 

その3:あえて誰もカメラをみていない

誰もカメラを見て居ない写真

家族でおしゃべり

あえて、だれもカメラをみていない写真があるのも

自然なかんじを演出するのには抜群です。

 

パパとママがお話して、お兄ちゃんはママをみていて

おとうとくんは桜の花に興味津々。

 

 

なにをはなしているのか分からなくても

ちょっと幸せな感じしますよね。

 

 

 

子ども写真を撮影するには、スピードとコミュニケーション力が

ためされます。

いかに仲良くなれるかがポイントでもあるので

子ども系の話題はいろいろ知っておくと便利です。

 

ディズニー、戦隊ヒーロー、おもちゃ

そのなかでも抜群の威力を発揮するのは

家族みんなが「うたえる曲」!!

 

保育園や幼稚園でうたったことのある歌や

知っている童謡をくりだしてみましょう!

 

 

 

きっとかわいい笑顔を撮ることができますよ。