かきぬまさやか 結城|小山|古河|下妻|筑西の音楽教室です。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

曲に合わせて左から右へ。

おはようございまーす!!


なぜか

アナと雪の女王を見ております。

大流行から何年たちましたかね??


未だに女の子には

絶大な人気を誇っていますね。


 

 

最近はエルサより

 

エレナが好きという子もいます。

 



私も新しいプリンセスを追いかけるの

結構大変です。


やっとソフィアがちょっとわかったのにー。

 

{D274DCB5-FCCB-41AD-8B86-C9E8BAA8B068}

 

さて楽譜についてですが

 

横書きの文章と同じで

 

左から右に進んでいきます。

 

 

しかしここで問題が。

 

 

子どもたちが読んでいる本って

 

ひらがなの都合でしょうか

 

圧倒的に縦書きが多い。

 

 

つまり

 

右から左に進んでいくんです。

 

 

 

そうなると楽譜は


いつも読んでるひらがなと

進み方が違うのです。

 

進行方向が逆!!

 



「左から右に進むよ〜」

となんども伝えないと

「私どこ見てるかわからない」

という状態になります。



見てね!といっても

なかなかできないものです。



私が弾きながら

どこの音符を押してると思う?と

指でなぞる練習を何度もします


音楽を聴きながら

目を左から右に動かしていく。

リピートがあれば

最初に戻る。



簡単なようでも

けっこう大変な作業ですよ。



リズムやメロディを聴きながら

少しずつ指を動かして

わからなくなっても

音楽はどんどん進んでいってしまうので

「ここか?!」

と適当に進んでいったりします。


それもあり。

行方不明の原因を探したり

いろんなことを学べます。



ピアノが弾けるようになるって

脳と体と全体のバランスが必要で

実はかなり難しいことをしてるんですよ。