かきぬまさやか 結城|小山|古河|下妻|筑西の音楽教室です。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

思い込みのジェンダー。男の子は水色?

こんちー。

 

私と旦那がインフルから復活したと思ったら

長男がインフル。

次男が水疱瘡

 

もうやめてくれってかんじの我が家です。

 

 

先日、保育園から

「来年度の購入品」リストが届きました。

 

年中さんになるので

新しく揃えるものに「ピアニカ」があります。

 

色を選択するんですが

 

ピンク ・ みずいろ

 

 

まぁ、こうなってます。

いわゆる学校教材なので

この二つのチョイスなんでしょうけど。

 

 

 

長男にどっちがいい??と聞いたら

 

「ピンク!!ぼく、ピンクがいい!」

 

 

よしわかったピンクねー。

 

 

と言って丸を付ける私。

旦那は「水色の方がカッコイイよ」とか言ってたけど

「ピンクの方が可愛い!!」と押し切られる。

 

 

そして、数日後。

 

 

「念のための確認なんですが

長男くんのピアニカはピンクでイイですか?」

 

 

そりゃ思うよね。

うち、男の子だし。

たぶん、保育園の男の子はみんな

水色を選択してることだろうし。

 

 

「本人がピンク希望なんで、構いません」

 

という母。

ジェンダーフリーな感じで素敵という園長。

 

 

このことでいじめられたり

からかわれたら可哀想っていう意見も

ちょいちょい聞くけど

 

 

たかがピアニカの色ごときで

ギャーギャー言ってくるこどもはいない。

 

たいていそういう子は

 

 

親が言ってるんだよ。

 

「男の子なのにピンクなんて変だね」

 

っていう価値観を子どもに与えてるだけ。

 

 

うちは「好きなものを好きって言え」という

価値観を与えてるだけ。

 

たまに「◯◯くんって変だよね」と長男が言うけど

 

「どうしてそう思った??」と聞くと

 

本人の意見というよりは、周囲の意見なんだよね。

「誰かが変だって言ってたから」というもの。

 

長男くんが自分で変だなって思ったなら

「僕はそう思った」と主張してもいいけど

「誰かが言ってたから僕も言ってるんだ」というのは

自分の意見ではないので、言わない方がいいよって。

 

 

長男はピンクのピアニカで

「男なのにへーん」とか言われるかもしれないけど

「僕はピンクがすきだからこれにしたの」と

しっかり言えばイイと伝えたし

もし「からかわれて嫌」だから水色にしたいっていったら

その時に話し合って水色を買えばイイと思ってる。

 

 

私はピンクが好きじゃなくて

緑とか黄色、黒、水色が好き。

 

長男は、赤、ピンク、黄色、青、オレンジ

カラフルな色が好き。

 

 

男の子は水色

女の子はピンク

 

っていうのは

思い込みのジェンダーでしかなくて

そういう小さい積み重ねに気づくと

子供への押し付けも減って

イイ感じです。