hello baby!まさかの3人子持ちに。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

豊かな人生ってどんな人生?

子どもには「豊かな人生」を送って欲しい。

 

 

私もそう思うし

世間でも聞く言葉だよね。

 

 

子ども関係のアンケートとかでも

「豊かな人生を送って欲しいと思う」

に○とかチェック欄があるもんね。

 

 

 

でも、豊かな人生ってなんだろう。

「豊か」ってどんなことだろう。

 

 

国語辞典だと

1.満ち足りて不足のないさま。

2.経済的に恵まれていてゆとりのあるさま。

3.心や態度に余裕があって、落ち着いているさま。

4.量感のあるさま。

5.他の語に付いて、基準・限度を超えているさまを表す。

 

こんな感じ。

 

「人生」って考えた時には

たぶん3の心や態度に〜ってヤツじゃん。

 

 

もちろん

2の経済的がめっちゃ大事という人も

いるだろうけどさ。

 

 

じゃぁ

音楽教育で身に付く豊かさって

なんだろうなーって考えてみたの。

 

 

音楽を通して身に付くのは

 

音を聴く(音程、リズム)

表現する(弾く、歌う)

相手を想う(セッション、合奏)

 

大きくは、こんな感じかな。

 


よく「感性を磨く」っていうけど
目に見えないからね。

 

 

sensitivity 

 

 

センスの語源が

感性ってことでしょ。

 


私は
自分を幸せにするチカラ
好きな人を大切に感じるチカラ
スキなものを見つけるチカラ


が育つようにと願う。
うちの子にも、生徒にも。



つまり

自分と誰かを大切に想って
それを伝えるセンスを
身につけさせたい

のさ。



誰も彼もに
「愛してる!」とか
「めっちゃすき!!」とか
「世界を許すべき!」とか
そう言えってことじゃなくて


まずは自分を大切にして♡

 


ってことを言いたい。
「豊かさ」の基本は
まず自分が満たされることだから。


音楽を通して
自分を大切にすることを知って欲しい。

大切に想われてるのが
どういうことかも知って欲しい。




私がおもう豊かさっていうのは
「私たちはそれぞれに大切な存在」
ということを、思いやって理解し合う

その上で成り立つ世界であることを
「知っている」ということ。



解らなくても構わない。

はー先生何言ってんの?!ってなるかも。



でも「知っていて」欲しい。