かきぬまさやか 結城|小山|古河|下妻|筑西の音楽教室です。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

処方されたサプリ。

近所の薬局で処方された物品(サプリ)をここでご紹介します。

 

 

まず、これは超有名らしいですが「たんぽぽ茶」です。

体温を上げる作用のある漢方なんだそう。

結構なお値段するのに、サンプルとか無かったらどうしようと思ってました(買ったののみ不味くて飲み続けられないというのが、一番ガッカリでしょ)!!

 

しかし、ちゃんとサンプルをその場で一杯飲ませてくれました。

 

個人的な味の感想としては

「煮詰めすぎちゃったほうじ茶」って感じです。

 

苦かったりはしないけど、クセが無い訳じゃない。

ほうじ茶が飲めれば、飲めますね。

 

ちなみに、Amazonだとこの価格。

 

 

ちなみに、30包入りです。

お茶はなんと、レトルトです!!

この銀色のパウチが一杯分入ってます。

 

私の場合は、朝晩二回。

コップに開けて、レンジで30秒くらいチンして温めて飲みます。

 

ビックリしたのは、飲んで少したつと「ポカポカ」してくることです。

カッと暑くなるのではなく、じんわーりする感じですね。

 

何故かは全く分かりません。

白湯ではならない暖かさです。

 

 

もう1個は、ミトコンドリアを元気にするサプリ(だそうです)

つまり、細胞1つずつを元気にしましょうということみたいです。

 

こちらは、1日1粒寝る前に飲みます。

キラリスALAという名前ですが、Amazonには無かったのでメーカーリンクを紹介。

キラリスALA|日邦薬品工業株式会社

 

32粒で5,000円弱です。

 

つまり、現段階でのコストとしては

タンポポ茶 11,000×2箱=22,000円(Amazonで買ってないのでちょっと高い)

キラリスALA 4,860円

→ → →  合計 26,860円

 

まじかよと思いましたけど。

ほんと、健康で何の疑いも無く妊娠できるって、すごいことなんだなぁ〜としみじみしました。

 

ちなみに、こちらのサプリっつーか漢方代は「高額医療費」の対象だそうですので、しっかり領収書を保管して確定申告するのが良いそうです。

今までの色んな医療費、捨てちゃったなぁ〜。

歯医者とか、細々お金かかったよなぁ〜。

やっぱり領収書って大事なんだなと思った瞬間です。

 

 

 

ひとまず、この2つを飲み続けてみて、基礎体温を測って、きちんと蛇腹の基礎体温帳にグラフを作ることが、まず第一段階だそうです。

 

使ってる基礎体温計はこれ。

 

単純に、使いやすそうだったのと「普通の体温計」とカタチが違うので間違えないだろうということです。

実際、使いやすいですよ。長くないから、舌が痛くならないです。

 

二段階で計温するのは、どの体温計も大体一緒ですし。

 

 

ということで、商品紹介終わりです!!

どんな効果があったかは、もう少し飲んでみて。

 

薬剤師さんに漢方薬を渡される時に、手を握って言われた

「コレを飲んで、なるべくはやく赤ちゃんが授かりますように」という言葉が一番効いた気がします。

 

科学的な不妊治療にも挑戦して、漢方もやって授かったという、薬剤師さんの心の優しさが一番効いた気がします。

(友達にもカンタンに話せる内容じゃなかったりするしね)