かきぬまさやか 結城|小山|古河|下妻|筑西の音楽教室です。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

動物園で見た怖いこと。幼女持ちの親は注意!?

久しぶりの育児ブログ。

息子もあっというまに2歳半を迎え、おしゃべりも一丁前になりました。

二語どころか、普通に会話になっています。

 

 

さて、そんな彼が「動物園」に行きたいと騒ぐので、上野に行ってきましたよ。

動物園はとても楽しく、和気あいあいとゾウを見たり、ゴリラを見たり。

 

しかし、その中でとっても怖いものを見ました。

 

 

私の職業は、色々ありつつも「カメラマン」というのがあります。

おそらく、普通の人より【シャッター音】に敏感だと思います。

“どんなところで人がシャッターを切ったのか”に興味があるからです。

 

動物園。動物と、それを見る人間がいる場所ですね。

親子連れもたくさんいますが、一眼レフにデカいレンズを付けたカメラ好き(?)も相当数いました。

 

もちろん、カワイイ女の子も居る訳です。

その女の子は、いわゆる幼女なわけです。

パパもママも一緒にいるのです。

 

しかし!その中には、まぎれるようにして

まるで動物を撮るようなフリをして、女の子を撮っている奴らもいるんですね。

 

これ、マジで怖かった。

 

そりゃ、パッと見たら「カメラ好きの男性が、動物園で何かを撮っている図」ですよ。

 

でもね、そのカメラに装填されてるレンズの焦点距離とか、

シャッターを切った先にある被写体とか、ちょっと写真を生業にした人にはすぐ分かる違和感。

 

デジカメなのに、撮ったものを絶対に確認しない不自然さ。

それが一時的にも表示されないように設定された本体。

シャッターを切ったあと、スッと逃げるように場を離れる早さ。

 

 

動物の展示ーーー女の子ーーー不審カメラマンの一直線で並んでいたとして、動物園の展示内を見ている(ように見える)カメラのレンズの先には動物が居ない不思議。

「パパ、ゴリラさん見えないね」と幼女が振り向いた瞬間に切られたシャッター。

 

誰もが動物と自分の家族に夢中になっている中で、気づかれない不審カメラマン。

その後やってきたゴリラには目もくれず、スッと場所を離れる。

 

 

怖かった。

本当にビビった。

こんなことがあるのかと思った。

 

暑い日だったので、ワンピースと汗で張り付いた髪が印象的だった可愛い幼女。

 

 

いわゆる、ロリコンかもしれないし、何かの裏家業的なものかもしれません。

しかし、なんと恐ろしいと思った動物園。

きっと、子どもが集まるシーンではそれなりの数がいるのかもしれない。

 

 

 

うん、怖い。

本当に怖いと思いました。

 

 

男の子の親だって、おちおちしてられないかもしれないけど

女の子の親は本当に大変だなと思った、ゴールデンウィークの午後でした。