かきぬまさやか 結城|小山|古河|下妻|筑西の音楽教室です。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

みちのく未来基金。

こんばんは。
結城市音楽教室ピースのさやか先生です。

今日のブログは、ピアノには全く関係のない話です。
でも、書いておきたいことだったのです。




季節はもう3月ですね。
私の音楽教室も、間もなく1年になろうとしています。

近所の子どもたちに、音楽の楽しさを教えはじめて1年。
とっても楽しく、面白いです。

そして、同時に「子どもの未来を守らなければ」と思いました。
私も息子がいるから、余計に思うのかもしれません。



5年前の3月11日。

自然の容赦ない力によって、大人達の勝手による原発事故で
子どもたちは大好きなお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんを
失ってしまいました。

そしてお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんは
どう思っていたかしら。どんな風に思っていたのかしら。




子どもの将来が守られますように

きっとこれだけを思っていたのではないでしょうか。


子どもの将来を守るって、どういうことかなぁ~と思ったら
やはりそれは、学びを諦めさせないことではないでしょうか。




そして、私は色々考えた結果
生徒さんから頂いたお月謝から、少しずつ基金に寄付することにしました。

毎月ひとり300円。
土曜日だけのレッスンなので、大きな額にはなりません。


でも、もし私と同じように思うピアノの先生や大人が少しでも居て
それが100%寄付として利用できる団体に届いたら。

20年間寄付を続けたら、誰かの学びの一部になるのではないかと期待しています。


寄付金が、団体の運営費に使われるのは納得がいかないので
色々調べて探した結果「みちのく未来基金」に寄付することにしました。



まずは、毎月3,000円。
この額が、少しずつ大きくなったら良いなぁ~。



http://michinoku-mirai.org/