hello baby!まさかの3人子持ちに。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

おうちにピアノがなくても良いとは??

結城市の週末音楽教室のさやか先生です。

春になったり、冬に戻ったりですね。
インフルエンザも猛威を振るっています。
みなさま、お気をつけて。



うちの音楽教室「ピアノが無くてもいいですよ」という不思議なところです。
田舎なので、まず「ピアノを習おう!」と思うと見学に行くのが大手音楽教室
私も、その道を突き進んで大学まで行きましたので、システムは良く分かっています。

その営業活動がイヤで、うちに来る方もいるくらいです。


ピアノを習うからといって、60万円のピアノを買ったとします。
お子さんが「やっぱりピアノやめたい」といったら納得できますか??
「せっかく買ったんだから、続けなさい!!」となるでしょう(笑)


ピアノが家になかったらどうでしょう。
「ピアノより○○がやりたい」となったらどうしますか?
「まだ始めたばかりだし、ピアノも頑張ってみようよ」と言うでしょう♪


何より、お母さんの気持ちがピアノの有無で全然違うでしょう。
子どもも「もうちょっと頑張るか」と思うのは後者です。
「絶対辞めたい!!」と意固地になるのは前者です。

どちらの関係が親子として「良さそう」かしら。



なので、家にピアノが無くたって良いのです。
保育園や幼稚園で使うピアニカを、おうち用に追加で買ってもらったり
お鍋をひっくり返して太鼓にしても良いし、要らない段ボールを叩いても良いのです。


どんなことでも音楽になるので、障害やハンディキャップがあっても大丈夫!
親子で一緒のレッスンでも問題なしです!
もちろん、音楽療法としておじいちゃんおばあちゃんも構いません。

音楽療法については、また別にブログにしますね(*´∇`*)