かきぬまさやか 結城|小山|古河|下妻|筑西の音楽教室です。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

マザーズバッグについて思うこと。

マザーズバッグ。

私は「みつばちトート」のマザーズバッグを愛用していました。

なぜ過去形かって?

子どもの活動範囲と活発度が変わってしまい、現在休眠中なんです。

 

乳児の頃は大変助かりましたよ、みつばちトートのマザーズバッグ。

歩き始めてすぐくらいまで、愛用させて頂きました。

ガシガシ物が入るし、書類も入れられるポケットがあって病院関係に重宝するしで

痒いところに手が届いてとても良かったです。

(予防接種での病院や、役所関係に行く場合は現在も活躍します)

 

しかし…

今はみつばちトートでは少し困ることが出てきました。

そう「抱っこしてくれー」の要求と「歩くぜ、おれ!」が始まったのです。

 

楽しそうに乗っていてくれたベビーカーからも「降ろせ!」のエビぞり。

スーパーのカートも「俺が押す!」の要求。

極めつけは公園やショッピングモールで走る。

 

走ると言ったって、1歳半ですからスピードは大した事無いですよ。

でもね、動きが予想外なんです。何も無いところで転ぶし、フラフラするし。

さらに中腰で追いかけるというのは32歳にして運動不足な肉体にはかなり辛い…。

 

斜め掛けだと自分がバランスを崩して走れない。

荷物が前に来て、凹まなかった腹とぶつかって邪魔!

バッグを後ろにぐるっとやってるうちに見失う!

抱っこ要求されると、子ども本体のサイズが大きくなったのもあって肩ひもにかかると

私への負担増で首が痛い!

 

なので、荷物入れとしてはかなり事足りているマザーズバッグですが

もうミルクセットは要らないし…斜めゆえに前にやってくるバック本体が邪魔なのです。

リュックも、ポケットが多すぎるのは帰って使いにくいので

私はもう軽さ重視でドカドカ入れられる、ナイロンのリュックですわw

 

 

こういうやつ。

 

子どもが一歳半になって持ち歩いているものは…

・オムツセット

・着替え一式(自分でご飯を食べたいと言うようになると着替えリスク激増)

・ペットボトル(子どもと一緒に飲める飲料)

・おやつ(動く奴らはすぐ小腹が減って食べ物を要求する)

・ハンドタオル

ーー

・財布、スマホ、鍵関係、リップ、ハンドクリーム 

・たまにカメラ

 

化粧ポーチとか持って行く気は無いのでこんな感じですが

冬は「外は寒いが中は暑い」状態があるので、上着が出たり入ったりします。

 

細かくポケットがあると便利だと思ったのは、むしろ保育園に持参するバックの方で

自分と出歩く時には「私が必死」な為に細かく入れることが出来ませんでした。

 

 

とはいえ、私が住む地域は「車移動」が基本なので

本当に細々したものから大物まで「車に搭載しておく」という最終手段があるので

実際に出かけた先でのウロウロはもっと軽量です。

(オムツ一枚とお尻ふき、財布とか私のもの、水、おやつ程度)

 

まぁ〜着替えも「最悪は買えば良い」と割り切るお出かけもなきにしもあらずです。

 

 

さて、みつばちトートのマザーズバッグですが

非常に使い勝手は良かったので旅行や全く別に私がお出かけの際に利用してます。

シンプルなのでどこに持って行っても浮かないし、変じゃないので良いです。

作りもしっかりしていて、これから大きくなってライフスタイルが変わった時に

きっとまた出番がくるでしょう。

 

実は仕事のカメラバッグとしてかなり優秀な威力を発揮していて

子ども写真など最小限の機材で出動する場合には、みつばちマザーを使ってます。

 

 

キッズ&ベビー用品のセレクトショップcuna select【クーナセレクト】
海外セレブも愛用する、おしゃれアイテムが満載

 

このサイトのオシャレ度たかいものたちも欲しいですが

なかなか現実はうまく行かないもんですよねぇ〜。