hello baby!まさかの3人子持ちに。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

レニングラード国立バレエ ロミオ&ジュリエット

12/9 東京文化会館にて




ロミオとジュリエットを観劇して参りました。


ひとりで。

大人っていいね。一人で何でもできる。




舞台美術が素晴らしかった!!


もちろん、ダンサーも素晴らしかった!!


そして何より、やっぱりプロコフィエフの音楽がステキ!!


この曲は有名かな。








ルネッサンス期の良さが全開でした。





そしてなんと、ロシア文化フェスティバルというものの

閉会式が行われました。



幕間に、突然、ロシアの偉いさんと日本大使が出て来て

日本語とロシア語で挨拶して…。



こんな面白い事やってたんだー!と思いました。




クラシックの伝統を守り続けたのは、やっぱりソ連だと思うので

古典はロシア!と思い込んでいる身としましては

見逃せないものじゃないか!と思います。



まったく告知とかを大々的にやってないので

知りませんでした。



会場は、じーさんとばーさんばっかりだった。






バレエもクラシック音楽も、いわゆる芸術とか呼ばれるものは

気軽に鑑賞できませんね。


高くて。



一番安い席でも、7000円~とかだし。


まあ、それ専用の劇場がある訳でもないので

その装置とかにもお金が掛かるんだろうとは思うけど。





バレエもクラシック音楽も、私の周りで

大学の友達以外だと、そんなに見に行く人はいないなー。



ダンスって言うと、私はバレエが大好きなので思い浮かぶけど

ヒップホップとかが、メジャーみたいだし。





あぁ、ロシア。


いっぺん行ってみたい~。