hello baby!まさかの3人子持ちに。

社会に出た時から、派遣とカメラマンのパラレルキャリアで生きてる私の、育児と仕事についてのブログです。今は、下駄屋のネットショップ担当、音楽教室の先生、家族写真カメラマンとして3つの顔を持ってます。

婚姻届と養子縁組届け



区役所でもらって来ました。


夜間受付の窓口で、普通にくれました。





婚姻届は、何も言わなくても2部くれました。

きっとみんな、書き損じたりしてるんだなーと思った一幕です。





養子縁組届けは、窓口の方が必死に探してました。

めったに使われない用紙なのでしょう…。





「養子縁組届け?!どこいったかなー」と言ってましたから。


こっちは、枚数が無いということで1部のみ。







どちらの届けも、書こうと思いつつ

めんどくさいので書いていない。




彼の戸籍謄本は取り寄せたけど

私のは持ってないので、よく分からないし。




彼のところだけ書いて、彼パパの証人のハンコもらってきてもらえばOK。




後で、私も記入して父に証人のハンコ押してもらえば良いでしょ。


そのときに、市役所に出してくればいいんだもんね。







「二人で出しに行かないの?」って聞かれるんだけど

別に一人で出しに行っても受け取ってもらえるでしょ…??




受け取ってもらえないなら、二人で行くけど…。






わざわざ、紙1枚の提出に二人で来いって事は無いでしょ。という

ちょー現実的な2人です。

















昨日は、彼パパママの衣装合わせ。


彼ママの留袖を決めて、モーニングのサイズあわせして…。





あんまり気を使ったりはしないのですが

何を話せば良いのかも良く分からないので

口調が、すっげー接客調。




しかも、結婚式モード。







留袖はどんな感じのが良いのか?というお母さんに

「そうですねー。ご新郎様のお母様でしたら、やはり縁起物が入っている柄が

よろしいのでは無いでしょうか~」と。


「年代的にも、この辺のものが落ち着いた柄ですので~」とか。






ご新郎様のお母様…


ちょ…。仕事じゃん。








もう、何も考えず出てくる単語が、仕事調なのがオカシイ。









彼パパとママが

「結婚式の準備って楽しいでしょう!!」と聞いてくれたのに





気の効いた答えも出せず

「結構、めんどくさいですねー」の一言で終了。





忙しくってと言い訳しました。








嫁の立場って大変ね。









私、嫁じゃなくて良かったーーーーーーーーーーー


気の効かないワガママ娘は、嫁には行かないってのは正解だな。










お婿さん、サイコウです。